屋形船を利用する魅力や注意点とは?初心者が知って得する豆知識を詳しく紹介

このサイトでは屋形船を利用する魅力や注意点を解説しています。
初心者が知って得する豆知識を詳しく紹介していますので、これから利用するならば押さえておくのがおすすめです。
船には何人くらいが乗船できるのか、という気になる点も紹介しています。
大人数で利用する予定ならば、適したキャパシティの船があるか知っておくと良いでしょう。
また船を利用する上で注意しておきたいポイントも知っておけば、安心して乗船できるはずです。

屋形船を利用する魅力や注意点とは?初心者が知って得する豆知識を詳しく紹介

屋形船にあまり乗ったことがないので豆知識を知っておきたい、という人もいるのではないでしょうか。
宴会や観光におすすめの屋形船は、乗り合いと貸し切りがあります。
少人数で気軽に利用したい場合には乗り合いがおすすめです。
団体の宴会で利用するなら貸し切りが良いかもしれません。
飲み放題がついているプランも多くありますので、屋形船で宴会をするならそういったものを選ぶのも良いでしょう。
お酒の持ち込みができるところもありますので、希望に合うものを選ぶのがおすすめです。

屋形船を利用することで得られるメリット

屋形船での時間は水の上での閉鎖的空間で、景色を楽しんだり食事をしたりカラオケをしたりと、陸上とはまた違った雰囲気で親睦を深められるのもメリットと言えます。
屋形船を貸切れば、忘年会や新年会も周囲への気遣いが不要なり、より一層リラックスできますし間違いなくメリット。
非日常のたのしみ方が満載ですがプランも、さまざまなものが用意されています。
水上での天ぷらのおいしさは格別ですし、寒くても暖房があるので窓を閉め切れば暖かく、夏は涼しい風を感じながら開放感に浸れます。
DVDデッキがある場合は写真のスライドショーを流せるので、設備を確認しておくと応用もきくと好評。
また念のため酔い止めの薬を持っていると、万が一気分が悪くなってしまった時も安心に楽しめます。
天候など気温の変化をうけやすい水上なので、服装も脱いだり着たり脱ぎ着の調整がきくもの、上着など羽織れるものを持参するのもおススメ。
時間や場所など集合に関する事項の共有も怠りなく、早めにゆとりをもって行動することが肝要です。

船酔いしやすい方でも比較的安心の屋形船

船は酔うのであまり乗りたいとは思わない人もいるかもしれませんが、そういう人であっても屋形船は比較的安心です。
そもそも外洋に出ることはないというか、屋形船は船体が外洋向けには設計されていませんので、高い波を受けて揺れるようなことがありません。
川を行き来するか、海に出ても沿岸近くの航行に留まりますので、波の影響をあまり受けないのです。
また、屋形船はスピードもそれほど出ませんので、この点でも揺れは少なくなっています。
従って比較的心配は少ないのですが、それでも船というと反射的に酔いを連想するような人にはまだ不安要素は残るかもしれません。
前日から睡眠をしっかりとっておくなど体調を整えておくことや、酔い止めの薬を用意しておきましょう。
船体の端に近い座席ではなくて、できるだけ中央部に近い場所のほうがある程度は揺れが少ないですから、自分で座席の希望ができる場合にはこの点も考慮しておくと良いかもしれません。

屋形船における貸切の最低人数はどれくらい?

屋形船は様々な周遊コースの中から自分の好みのコースを選び、船内で食事を楽しみながら景色を眺めることが出来る船のことです。
昔ながらの和船も根強い人気がありますが、船内にテーブルや椅子を置いて靴のままで楽しめる洋風タイプなど時代と共に多様な楽しみ方が増えています。
屋形船は貸切にして料理や景色を仲間内で楽しむというケースも、最近は人気が出てきています。
予約の申込みをする際にチェックしておきたいのが、貸切にした場合に最低人数はどれくらいなのかという点です。
最低人数は船宿のコースによって様々ですが、最低でも10名以上の利用が条件となる場合が多いです。
中には10名よりも少なくても予約を取ることが出来るという船宿もありますが、基本的には10名以上という点は頭に入れておくと良いです。
船宿はほとんどがWEBサイトを持っていて、運航しているコースや料理の内容や船の装備や料金などを細かく掲載しています。
細かな条件なども事前にチェックをして、屋形船を楽しむことが大切です。

屋形船は予約後でも人数の変更が可能?

屋形船を貸切で使うときには予約が必須ですが、このとき乗船する日付や人数、コースプランや料理メニューなど細かな部分まで決めて屋形船を抑えることになります。
船宿側は、その日のためのスケジュールを組むと同時に屋形船を他では利用できないようキープする、それと同時に料理に使う食材の調達や飲み物の手配などを順次進めることになります。
数か月くらい後の場合でも船を抑えておかないと、他で使うことになればお客さんに迷惑をかけてしまうので他では使えないようにします。
料理や飲み物などは直前で仕入れをすれば良いのですが、他のお客さんとの兼ね合いもあるのである程度まとめて発注することになります。
予約をしたときに20名で、途中で変更になり人数が増えたり減ったときなど変更は可能?などのように疑問に思う人も多いかと思われますが、人数が増えると料理や飲み物などの手配が変わるので乗船日まであまり日数がないときは難しいケースもあります。